愛知県の補助金・助成金の事なら愛知県補助金・助成金相談センター

運営:大山税理士事務所

愛知県補助金助成金相談センター 愛知県近郊の助成金や補助金の情報をまとめた総合情報サイト

無料相談はこちら

0566-91-1820

受付時間:平日10:00~18:00

補助金・助成金よくある質問

補助金・助成金よくある質問

補助金・助成金に関する質問に愛知県補助金・助成金相談センターがお答えします。

キャリアアップ助成金に関するQ&A

キャリアアップ助成金とはどのような助成金ですか。
A.「キャリアアップ助成金」は、有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者
といった、いわゆる非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進す
るため、正社員化、処遇改善の取組を実施した事業主に対して助成する制度
です。
キャリアアップ助成金の正社員化コースにで、出勤が1ヵ月11日以下の月はカウントされませんか?
夏休み等が多い場合でも給与は満額出ていますが問題でしょうか?
A.1ヵ月の勤務した日数が11日未満の月は、有期契約期間内の月はカウントされますが転換後はカウントされません。
欠勤ではなく、賃金が支払いされている有給休暇や夏休みは問題ありません。
雇用条件通知書の提出について今まで、従業員から押印してもらっていません。
①今後提出時に、過去にさかのぼって(例 入社時点のもの)押印が必要ですか?
②その場合、雇用条件通知書の名前横に押印だけで大丈夫なのか?
③過去に遡るのは抵抗がある場合、違う用紙に”雇用条件通知書を確認しました”という一筆と押印でも良いでしょうか?
A.①今年の4月1日以降の転換分は必要です
 それ以前については労働局の判断によります
②通知書の名前というのが、どこにあるかによります
 通常だと、一番上の欄もしくは下の欄
 一般的な雇用契約書のひな形を考えればいいです
 イレギュラーのことをすると不可になります
③労働条件通知書の一番下に
 「内容について了解しました」と記載して 氏名+押印でいいです
キャリアアップで有期契約から正社員に契約変更した際、ハローワークでは特に届出は不要と言われました。
そのまま有期契約労働者のままで良いのでしょうか?。
勿論、会社側では、新たに雇用契約書を作成し、押印した上双方で署名しております。
A.ハローワークに届けるものはありません。
何もしないでいいです。
有期と正社員の雇用契約書があればいいです。
週3日働くパート→週5パート→正社員になった従業員を正社員化助成金で申請しようと思っております。
気を付ける点はなにかありますか。
A.次の2点です。
時間単位で計算して有期から正社員の賃金が5%アップになっているか?
パートが週3、週5日で働くのはどういう基準で就業規則に定められているか?
今年の4月以降の期間が助成金の支給申請に含まれる場合、
手書きの出勤簿でも受理されるでしょうか?
それともタイムカードでないと受理されないでしょうか?
A.受理されます。
4月1日転換以降の分から適用されます。
ただ、労働局によりローカルルールがあるので事前に確認してください。
キャリアアップ助成金 正社員化コースの計画書を提出済みで認定通知を待っているところです。
3ヵ月経ったので一度給与を上げました。
更に3ヵ月経ったところでもう一度給与を上げて正社員にする予定ですが5%というのは最初の3ケ月からの計算でよいのですか?
2回目あげたときからの5%でしょうか?
A.正社員転換する前の6か月の賃金総額の5%アップです
有期契約社員の期間に給与アップしたら、その分を含めて、
正社員の給与を増やすか賞与を払って、総額で5%以上になるようにします。
5年以上勤務している有期契約のパートさんが2名います。
キャリアアップ助成金(パートタイマー向け)で
有期契約のパート社員を無期契約のパート社員とする場合、5年以上勤務の有期契約でも対象となりますでしょうか?
A.助成金の対象になりません。
有期契約期間が3年以下が対象です。
3年超で転換できるのは、無期契約社員から正社員への転換だけです。
キャリアアップ助成金の支給申請で、残業代単価が低い場合、差額分を支払えば支給されるのでしょうか?
またその場合、時効である2年前まで遡って支払う必要があるのでしょうか?
A.未払い残業代を支払いすれば助成金は支給されます。
時効限度になりますが、どこまでさかのぼるかは労働局の判断です。
労働局の確認してください。 
なお、基本給+歩合給の場合で例えば、基本給10万円+歩合給については本省から通達が出ていませんので、各労働局の判断になります。
派遣→正社員へ直接雇用の場合、転換前に派遣労働者として有期契約3年未満の者との条件がありますが、対象者になるかどうかの受注前の事前確認でどのような書類を見せてもらうのがいいでしょうか?
A.派遣の契約書になります。
キャリアアップ助成金 正社員化コースにおいて
転換後6ヶ月の末日をもって自己都合で退職する社員がいる場合、支給申請は可能ですか?
支給申請できるとしたら、退職時に前もって書いて貰った方が良い書類などありますか?
A.正社員の転換日を給与締切日の翌日に設定して、正社員期間が6か月あるのであれば申請可能です。
1日でも不足していると対象になりません。
従業員の署名捺印を6か月目の給与を支払い後にもらう必要があります。
キャリアアップ助成金正社員化で日給から日給のまま賃金を上げることで正社員化したとするのは可能でしょうか。
できる場合現場手当等を抜いた日給を対象として昇給させればいいでしょうか。
A.日給で賃金アップ可能です。
10,000円を10,500円以上にすればいいです。
ただし、毎月定額で支給される手当も上げる必要があります。
微妙な手当については、労働局に確認する方がいいです。
派遣会社から個人情報なので時給は開示できないと言われました。
本人が持っている労働契約書で代替可能でしょうか。また、他に良い方法はありますか。
A.派遣会社は第三者には開示しないので本人から派遣会社に請求させるか給与明細をもらうしかありません。
従業員2名の会社なので、就業規則は申立書で処理します。
申立書の日付ですが、計画届前なのか正社員化の前なのかどちらがいいのでしょうか。
A.正社員化の条文を追加した日です。
派遣社員を正社員化するに当たり賃金の2%up要件は派遣社員が、派遣先から支給されていた賃金より2%upさせればよいのでしょうか?
また、正社員に転換する場合には内定辞令を交付するのでしょうか?
A.派遣先から支給されていた賃金の5%アップです。2%ではありません
内定通知書が必要です。
10名未満の会社で就業規則の申立書の作成日について、正社員転換日の前であればよろしいでしょうか。
A.助成金を申請する前なら作成日はいつでもいいです。
賃金5%アップを特別手当として支給し、5%アップ+社会保険料抑制を考えていますが、問題ありますか?
A.その提案では不支給になります。
特別手当では、5%アップに認定されません。
毎月、固定的に支払われる賃金、もしくは賞与(対象者、支給月が就業規則に記載され社会保険料を控除)が対象になります。
基本給の5%アップが必要です。
雇い入れた際に1年の有期で契約を結び、1年経過後に正規雇用にするのですが、転換前と転換後で給与の違いなどはありません(月給者で、賞与もあれば退職金もあります)。つまり、正社員と同じ待遇で、違いは期間雇用ということだけです。
そういった場合は、有期から正規ではなく、有期から無期に転換ということになってしまうのでしょうか?
また、このケースで有期から正規にもっていくには、正規社員になったときに、有期契約の時とは違う待遇があると就業規則で定めていればいいのでしょうか?
就業規則で、有期契約と正社員とで待遇が違う規定を定めているのであれば、具体例を教えていただけると幸いです。
A.有期から正社員でも有期から無期でも、転換前の賃金総額より5%アップが必要なので、同じ給与であれば申請できません。
待遇の違いは、賃金アップをするだけです。

65歳超雇用推進助成金に関するQ&A

65歳超雇用推進助成金とはどのような助成金ですか。
A.高年齢者が意欲と能力のある限り年齢に関わりなく働くことができる生涯現役社会を実現するため、65歳以上への定年引上げや高年齢者の雇用管理制度の整備等、高年齢の有期契約労働者の無期雇用への転換を行う事業主に対して助成される助成金です。
65歳超雇用推進助成金の高年齢者無期雇用転換コースですが、30年度に計画を出しても、31年度に無期に転換すれば、31年度のルールが適用されるのでしょうか?キャリアアップ助成金の正社員化コースはそうだと思うのですが。
A.30年度に出していれば、30年度の内容で5年間有効です。
キャリアアップと異なり、毎年、最低でも1名は転換していないと、計画は失効します。
キャリアアップと似ていますが、違うところがあります。

時間外労働等改善助成金に関するQ&A

時間外労働等改善助成金について
支給対象となる取組の中に人材確保に向けた取組というものがあります。
これは、求人広告代やHPの改定費用等が対象になるのでしょうか?
事例がありましたら教えてください。
A.個別企業は申請できません。
中小企業の団体が傘下の企業に行う取組みなので、求人広告代は対象外、HPは対象です。
※個別に労働局に確認してください
時間外労働等改善助成金とはどのような助成金ですか。
A.労務管理用機器等の導入支援、3社以上で組織する中小企業の傘下企業の時短等の取組支援、勤務間インターバル制度と労務管理用機器等の導入支援で利用できる各コースがあります。

時間外労働等改善助成金(時間外労働上限設定コース)
時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)
時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)
時間外労働等改善助成金(団体推進コース)

中途採用等支援助成金に関するQ&A

中途採用等支援助成金とはどのような助成金ですか。
A.中途採用者の雇用管理制度を整備し、中途採用の拡大を図った場合に助成されます。

特定求職者雇用開発助成金に関するQ&A

特定求職者雇用開発助成金とはどのような助成金ですか。
A.高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成されます。

両立支援等助成金に関するQ&A

両立支援等助成金とはどのような助成金ですか。
A.男性社員の育児休業推進、 女性社員の育児休業推進、 育児・介護離離職者の再雇用、 女性の採用・管理職登用等で利用できる助成金です。

人材確保等支援助成金に関するQ&A

人材確保等支援助成金とはどのような助成金ですか。
A.週20時間以上勤務のパート・正社員雇用促進、離職率の低下を支援、評価制度導入と賃金アップ等で利用できる助成金です。
各コースがあります。
  • 無料相談・お問合せ お問合せフォーム
  • 補助金・助成金 よくある質問
  • 補助金・助成金 受給診断 メールやFAXで簡単受給診断

カテゴリー

よく読まれている情報

地域から情報を探す

登録タグ一覧